カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

新製品 GL1800用FTM-10Sケーブル

2012年 新型GL1800 FTM-10S取り付け参考資料

新型GL1800にFTM-10Sを取り付ける参考にしてください。
基本的にどのGL1800でも同じ様に取り付けられます。

マイクセットに接続するケーブルをGL1800の純正コネクターから接続する様にしてあります。
純正の様に接続して無線機での会話ができます。

タンデムはFTM-10Sのタンデム機能を使用します、パッセンジャー側も純正のコネクターに接続してください。
GL1800のオーディオとNAVIの音声はFTM-10SのLINE入力に接続してください、これでFTM-10SのAF-DUALとタンデム機能をONにすれば無線、タンデム、オーディオ、NAVIの使用が可能になります。
PTTはGL1800の純正PTTを使用します。

使用ケーブル
新製品 KT032-M10GL(カールコード付)15,750円 FTM-10Sからライダー側GL純正コネクターへ接続するケーブル
新製品 KT044-M10GL(カールコード付)10,500円 FTM-10Sからタンデム側GL純正コネクターへ接続するケーブル
新製品 KT051GL     5,250円 GL1800のオーディオ、NAVIの音声をFTM-10Sのライン入力へ接続するケーブル
新製品 KT031GLリレーBOX 3,990円 FTM-10SからPTTを直接、接続するとノイズが入るのでリレーBOXを付けます。
(KT051GLが5,150円と記載しておりましたが正しくは5,250円になります、大変申し訳ございません。)

2012年11月1日追記
KT051GLは生産終了になり、新製品KT017-GL(10,290円)をご使用ください。
KT017-GLは3系統入力できるオーディオミキサーになります。
従来はFTM-10シリーズの入力1系統しか使用できずGLのオーディオ、ナビ(ナビ付き車両)の入力しかできませんでした。
ナビ無し車両の場合、GLのオーディオを入力しかできませんでした、KT017-GLを接続すれば社外品のナビも同時に入力できるようになり、さらに1系統の入力がありますのでレーダーなども入力できるようになります。
モノラル2系統の入力は左右スピーカーに振り分けられます。
GLのオーディオはステレオで出力されます。

GL1800にFTM-10シリーズをお使いの方におすすめです!

GLアンテナ基台 
お問い合わせください GL純正アンテナ基台を加工してアマチュア無線のアンテナを接続できます。


取り付け例
まずFTM-10Sのフロントパネルにメーカー純正のマイク端子(MEK-M10)を取り付けます。
このマイク端子にKT032-M10GLを接続します。

KT032-M10GLの反対側の白いコネクターをハンドル左側のBOX下の赤いコネクターに接続します。
左側のBOXを外すとGL純正コネクターから接続されている赤いコネクターがありますので外してください。
純正コネクターに取り付けられている赤いコネクターとKT032-M10GLの白いコネクターを接続してください。
外した反対側の赤いコネクターは使用しません。




次にFTM-10Sの本体とパッセンジャー側の接続です。
本体をトップケースに取り付けます。

本体側のマイクにはKT044-M10GLを接続します。

GL側の接続
シートを外すとパッセンジャー側の純正コネクターに接続されている白いコネクターがあります。
これを外します。

外したパッセンジャー側のコネクターをKT044-M10GLの白いコネクターに接続します。
車体アンプから配線されているコネクターにKT051GLの白いコネクターを接続します、KT051GLの反対側のコネクターはFTM-10Sのライン入力に接続してください。

これでGLのオーディオ、NAVIの音声がFTM経由で聞くことができます。
KT017-GLはKT051GLの代わりに接続してください。

PTTの接続
手に持っているのがPTTのコネクターです。


ここに直接PTTを接続するとノイズが出ますのでリレーBOXを接続してPTTを使用します。
このリレーBOXの白いコネクターをGL車体のPTTコネクターに接続します、もう1本のコネクターをKT032-M10GLのPTTコネクターと接続し電源コードを電源に接続すればPTTはOKです。

電源を取ってください。
FTM-10S、KT031GLリレーBOXの電源を接続してください。

ノイズは出ません、非常にきれいな電波です。

GLアンテナ基台
こちらはお問い合わせください。

ヘルメットへの接続
前後のGL純正コネクターにKT032-M10GL、KT044-M10GLに付属している専用カールコードを接続して無線、タンデム、オーディオ、NAVIが正常に動作しているか確認してください。

ご注意
ハンドル回りのケーブルの取り回しは、何かに引っ掛かりハンドルが切れなくなると事故につながりますので十分にご注意ください。

KT032-M10GL、KT044-M10GL、KT051GL、KT031GLリレーBOXのお買い物ができるようになりました。

GL1800用

FTM-10シリーズ用