カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

KT-BMD02-032発売開始します!

お待たせしました。
KT-BMD02-032の販売を開始します。

KT-BMD02-032はKT-BMD02Bluetoothモジュールを内蔵したBluetoothドングルです。
無線機との接続はKT032、KT032K、KT032Yを使用して接続してください。

音楽プレーヤーやナビをBluetooth化する場合はKT051、KT052、KT053を使用して接続してください。
なお、無線機と音楽プレーヤーなどは同時接続はできませんのでご注意ください。

ペアリングなどの操作もできるだけ簡単に設定できるようにしました。

操作方法

電源を入れてください。
△離好ぅ奪舛1側に倒すとONになります。
電源を入れるとΔ寮弔LEDが高速で点滅します、これはヘッドセットを探している状態です。
ペアリングしてあるヘッドセットが近くにない場合、数秒するとゆっくりの点滅になります。

プロファイルを選んでください。
,離好ぅ奪舛農畋悗┐討ださい。
HはHSPで無線機モードです。
AはA2DPで音楽やナビに使用する時に選択してください。
無線機で使用する場合はH側に倒してください。

HSPでペアリングする。
のペアリングスイッチを約5秒押し続けて下さい。この時、青いLEDがゆっくり点滅していることを確認してください。
ペアリング状態になると青いLEDΔ叛屬LEDい交互に点滅します。
交互に点滅している時にKT-BSH02をペアリング状態にしてください、数秒すると青いLEDΔ叛屬LEDい同時に点滅すればペアリング完了です。

A2DPでペアリングする。
のペアリングスイッチを約5秒押し続けて下さい。この時、青いLEDがゆっくり点滅していることを確認してください。
ペアリング状態になると青いLEDΔ伐色いLEDイ交互に点滅します。
交互に点滅している時にKT-BSH02をペアリング状態にしてください、数秒すると青いLEDΔ伐色いLEDイ同時に点滅すればペアリング完了です。
*注意*
KT-BMD02-032はHSPとA2DPでペアリングする必要があります、HSPのみペアリングしてもA2DPはKT-BSH02と接続しませんのでご注意ください。

KT-BMD02-032(KT-BMD02-DIY)はペアリングできるヘッドセットは1機種になります、新しいヘッドセットをペアリングすると古いヘッドセットは消去され上書きされます。

再接続する場合
電源を入れる順番で接続方法が違います。

ヘッドセット側の電源が先にONになっている場合
KT-BMD02-032の電源をONにしてください、自動的にヘッドセットを探し再接続します。

KT-BMD02-032の電源が先にONになっている場合
青いLEDが高速で点滅している間にヘッドセットがONになれば自動的に再接続しますが、ゆっくりの点滅になっている場合はPTTスイッチを1度押してください、KT-BMD02-032が再接続の動作になります。

ヘッドセットの電池が切れた場合や通信可能距離から外れた場合
電池が切れた場合は電池を新しく入れなおし電源をONにしてください、KT-BMD02-032のPTTスイッチを1度押してください、再接続します。

KT-BMD02-032の電源が切れた場合
電池を新しくし電源を入れてください、電源をONにすると自動的に再接続します。

その他の動作
タンデム会話をする場合

KT-BSH02同士のペアリングをしてください。
ペアリングが済んでいる場合はKT-BSH02のCボタンを「ピピピッ」と鳴るまで押してください、タンデム会話を開始します。
タンデム会話を終了する場合も「ピピピッ」と鳴るまで押して終了してください。

携帯電話やスマートフォンを使用する場合

ペアリング、接続は携帯電話、スマートフォンの説明書をご覧ください。
KT-BSH02と携帯、スマートフォンをペアリングしてください。
携帯電話やスマートフォンには自動的にヘッドセットと再接続する機種もありますが自動的に再接続しない機種もあります。

自動的に再接続しない場合はメニューよりBluetoothの接続をしてください。

タンデム会話、携帯電話やスマートフォンで会話している時は無線機の使用はできませんのでご注意ください。

ページトップへ